ブックメーカーの始まりはイギリスから

サッカー お金

ブックメーカーの歴史はとても古く、1790年代にハリー・オグデンという人物が始めたとされるイギリス生まれの賭け屋です。オッズを提示して客からの予想を募集し、勝者には払い戻しを行うというシンプルな内容で、日本におけるノミ屋と類似しています。ただし、イギリスでは1960年に政府が公認しており、合法という点が決定的に異なっています。

また、アメリカの大統領選挙やクリスマス当日の天気、ロイヤルベビーのファーストネームなど賭けの対象が非常に多様ということも特徴で、スポーツにそれほど詳しくない人でも気軽に参加できます。

日本では公営以外の競技にお金を賭けることは禁止されていますが、海外のブックメーカーに自宅からインターネットを通して利用するというような場合は、問題になることはまずありません。

それは、賭博を摘発するときに適用される「賭博及び富くじに関する罪」は、元々は胴元を取り締まることに重きを置いており、双方の関与により成立する対向犯と規定しているからです。このために、イギリスなど外国のブックメーカーを国内法で摘発できない以上は、客だけの責任を追及できないということになります。

このために、スポーツ投資の一環として手堅く稼ぐことが可能です。

サッカー お金

イギリスにはサッカー世界人気ナンバーワンのプレミアリーグがあるので、サッカーのブックメーカーは白熱しています。サッカーもイギリス生まれであり、ブックメーカーと同じく、とても歴史の古いスポーツです。